NEWS

【感染症注意!】衛生的にペットのフンをキャッチして、病気を予防!

従来から存在する溶連菌(溶血性連鎖球菌)を、ペットが草むらに潜む溶連菌のウイルスを体に付着させて、人間に感染させるケースがあると考えられ、感染すれば高熱を発症して、内臓機能に重篤な詩症状をひきおこす可能性があると言われます。(NHK平成29年12月26日の早朝5:30分健康ライフ)にて放送、
従いまして、排泄物に直接触れる事は避けた方が良いと思われます。
尚、溶連菌に対しては、抗生物質、抗菌剤は効果がありません、ウイルス除去剤のみです。